医療事務業務

医療費10割の価格から3割へ価格変更する計算方法。

医療費計算方法

こんにちは、おもちです。

今回は、医療費が10割負担から3割負担に価格変更するときの計算方法についての解説記事になります。

おもち
おもち
今回紹介する計算方法は、おもち独自の計算方法なのでみなさんとは少し違うかも。あくまでも参考程度に見ていってね。

診療報酬点数の1点とはいくらなの?

おもち
おもち
病院からもらった領収書などに点数が書かれていると思うけど、その1点はいくらなのかという記事を別で書いてるから読んでね。

医療費の計算方法

基本

初診料の点数は282点です。

1点は10円なので、初診料の価格は2,820円になります。これは10割の価格です。

おもち
おもち
この価格から3割負担への変更の計算をしていくよ。

10割負担から3割負担への変更方法

初診料の1割の価格が282円になります。

それに、3をかけると846円になります。つまり3割の価格です。

おもち
おもち
これが、3割価格だと思うよね。実はまだ先があるよ。

医療費は四捨五入をする

846円を四捨五入すると、850円になりますね。

この850円が3割負担の方の医療費の価格になります。

おもち
おもち
例えばこれが「844」だった場合は「840」になるよ。

今回は初診料の点数のみを例に挙げましたが、その他様々な項目の点数がありますので、その場合はそれぞれの点数を合算して四捨五入した価格が患者さんの負担金額になります。