医療事務業務

医療事務の業務内容とは?簡単な仕事内容の説明と業務の一連の流れ。

医療事務とは

こんにちは、おもちです。

みなさん医療事務の業務内容はご存知ですか?

病院に行ったことがある方なら受付の人に会ったことがあると思います。

ひろくん
ひろくん
病院に行ったら受付の人がいるね。あの人たちは何をしているの?
おもち
おもち
医療事務の人だよ。主に患者さんの受付や会計などをしているよ。

医療事務の業務内容

診察の受付

初診の患者さんの場合

始めに症状を確認して、当院でその症状で受診できるかどうか確認します。

受診可能であれば保険証を受け取り、問診票をお渡しします。

おもち
おもち
保険証がないと原則として医療費の自己負担額は10割負担だよ。

患者さんが問診票を書き終わったら受け取りカルテの作成し、作成が終わり次第カルテを回します。

再診の患者さんの場合

診察券と保険証を受け取ります。

保険証は最低月1回は確認するようにしてください。月の途中で保険証が変わっている人もいるかもしれないので注意が必要です。

おもち
おもち
本当は毎回保険証は確認したほうがいいんだよ。

受け取ったら保険証の確認をして、カルテを回します。

会計(診療内容の計算)

診察が終わり次第カルテが事務の方に返ってきます。

医師が診察した内容次第で、診療報酬内容は変わります。

医療費の計算はほとんどレセプトコンピュータというPCで計算しています。

レセプトコンピュータとは

診療内容の計算や、患者さんの医療費の負担割合の計算をする専用のパソコンで略してレセコンと言います。

診療報酬請求の時にも利用するパソコンです。

電話対応

各医療機関によって電話対応の内容も変わってきます。

特に大きな病院になると聞かれる内容も多種多様になりますので、慣れるまで時間がかかると思います。

その他役所関係の電話も来ると思います。

ひろくん
ひろくん
役所関係ってどういう電話内容なの?
おもち
おもち
主に患者さんの保険証についてのことかな。保険証の期限切れがあった場合は連絡がくるよ。

診療報酬請求

診療報酬明細書というものを毎月、医療事務員の方は作成しています。

ひろくん
ひろくん
診療報酬明細書?
おもち
おもち
診療報酬明細書は通称「レセプト」というものだよ。
ひろくん
ひろくん
レセプトってどういうものなの?
おもち
おもち
患者さん一人一人の医療行為を一覧にして、毎月10日までに保険団体に提出するんだよ。
ひろくん
ひろくん
そんなことしてるんだ。毎月って大変だね。
まとめ

今回は、医療事務の業務内容についての記事でした。

医療事務の仕事は世間一般的には「楽そうだな」というイメージを持つ方が多いと思いますが、実際は違って大変な仕事なのです。

ですが、やりがいのある仕事ですので医療事務志望の方はやってみて損はないと思いますよ。

医療事務の給料については、別途記事に記載していますので読んでみてください。

医療事務の給料は高い?医療事務の給料の平均額はいくら?