医療事務業務

査定されないレセプト作成の基本。

査定されないレセプト作成の基本

こんにちは、おもちです。

医療事務をされている方は月始めはレセプト作業で忙しいと思われます。

おもち
おもち
今回はおもちが今まで勉強してきたり経験してきた中で、査定されにくいレセプトの作成方法についてお伝えするよ。

レセプトとは?

おもち
おもち
レセプトに関しての詳しい内容は別の記事に書いているから読んでね。

レセプトの作成の基本

診療報酬明細書の作成はほとんどレセコンがしてくれますが、人の目で見ないとチェックできないものもあります。

おもち
おもち
今からレセプトチェックの例を説明していくよ。

レセプトチェックの例

逆流性食道炎の病名の患者さんに睡眠薬を処方していた場合

これは病名と薬と合わないので審査で査定されてしまいます。

睡眠薬も服用されているのであれば、「不眠症」等の病名をつけるべきです。

おもち
おもち
病名漏れはもったいないから確認してね。

血液検査をしているのに検査に対する病名がついていなかった場合。

これも査定の対象になり、よくあるのは「肝機能障害の疑い」や炎症病名、甲状腺の病名などです。

これらはカルテを見ないとわからないことが多いので、カルテとレセプトを見比べて一人ひとり確認します。

処方されている薬剤と病名の確認

処方されている薬剤とレセプトの病名が一致していなかったり、検査に対する病名の記載がなかったりすると査定対象になります。

これは、院内処方でも院外処方でも同じです。

例えば、抗うつ薬に対する病名がついていなければ査定の対象になります。

あとは、胸部レントゲンをしているのに、その診療行為に対する病名がされていないことなども査定対象になります。

保険証の情報と正しいかどうかの確認

患者さんが来院された時に、保険証を受け取ると思います。

患者情報としてレセコンに入力すると思いますが、ここでの入力ミスで返戻になってしまうことも多々あります。

性別を間違えただけでも返戻です。

ミスのないように他のスタッフと確認しあったり、保険証をコピーするのも手です。

おもち
おもち
医療機関ごとでレセプト作業のやり方は違うと思うので、それぞれのやり方も守りつつ改善させていくのが良いと思うよ。

まとめ

  • レセプトのチェック業務は日頃から少しづつ行うことが大事。
  • 病名の漏れなどがないか、検査項目など点数が高いものには必ず確認する。
  • 保険証の入力ミスも日頃から気をつける。