就職

医療事務員、医療従事者向け。健康的に見える化粧法。

医療事務のメイク

こんにちは、おもちです。

医療事務の仕事をするにあたって、仕事中のメイクについて気になったことはありませんか?

「医療事務の仕事するとき、化粧はどのくらいまでしていいのだろうか」

「患者さんから好印象を与えられるようなメイクってどんなものなんだろうか」等、このような疑問が起きると思います。

そこで、今回は医療事務の仕事中のメイクについての記事になります。

医療事務のメイク

この3点が大事かなと思います。

  • 健康的なナチュラルメイク
  • 派手な口紅、アイシャドウはつけない
  • つけまつげ、まつ毛エクステはしない
わたしが使っていたメイク用品
  • BBクリーム
  • フェイスパウダー
  • チーク
  • アイブロウ
  • アイシャドウ
  • アイライナー
  • マスカラ
  • 色付きのリップ

医療事務員のメイクのポイント

清潔感と、血色の良さ、健康的に見えるかではないかなとわたしはは思います。

つけまつげは物によっては派手に見えてしまい、患者さんからすると近寄りがたい印象になってしまいます。

まつ毛エクステにも同じことが言えるでしょう。

チークや、口紅などは血色をよく見せる効果があり、有効に使えば健康的に見えます。

しかし、過度に派手な色の口紅、チークやアイシャドウは控えたほうがいいかと思います。

↓以下が、おもちが実際に使っていた化粧品です。↓

BBクリーム

はじめの頃はBBクリームではなく、化粧下地とパウダーファンデーションを使っていました。

ですが、朝早かったので、時短のためにBBクリームを使うようになりました。

このBBクリームは本当におすすめです。

伸びもいいですし、カバー力がとてもいいなと思いました

ニキビ跡がいつも気になっていたのでコンシーラーで隠していましたが、このBBクリームはコンシーラーなしでもニキビ跡が消えるんです。

その瞬間はとても感動しました。

化粧下地とファンデーションが一緒になっているので、時短にもつながりますし、二つ買うよりも価格的にお得かと思います。

フェイスパウダー

こちらのパウダーを当時は使っていましたが、今は冒険しているため使っていません。。。

しかし、このパルガントンを使っていた時は

「肌、めちゃくちゃ綺麗!!どうやってそうしてるの?」とかすごくほめられていました。

今まで使ったフェイスパウダーの中では最高でした。

チーク

今まで使ってきたチークの中で一番良いと思います。

発色もよく、粉飛びもせず、付属のブラシもとても使いやすい!

シャネルのチークとかも使ってみたこともありますが、発色は断然このキャンメイクのチークですね!

血色がよくみえるので、健康的に見えておすすめです。

追記

2019年7月確認で廃盤となっていました。

アイブロウ

わたしは眉毛が本当にないので、3つの化粧品を使用しています。

KATEのアイブロウパウダーで、眉毛全体を塗って、資生堂のまゆ墨で眉尻を書きます。

そして、眉毛の毛の色を変えるために眉マスカラをします。

やっぱり、眉毛ないと怖い印象になりますよね。

アイシャドウ

発色もよく粉飛びもしないヴィセのアイシャドウです!

なので、アイシャドウをして眼鏡をしても、粉飛びしないためレンズにラメがついたりすることはほとんどありませんでした。

他のアイシャドウを使って眼鏡をしたときは、レンズにラメがついていたため、やはりヴィセのアイシャドウはいいなと思いました。

アイシャドウの付属のチップもすごくいいです。

片方は普通のチップなのですが、片方は筆になってて、パウダーがとてもぬりやすいです。

今まで、購入してきたアイシャドウにはなかったものが多いのでおすすめしたいです。

アイライナー

わたしはペンシルより筆タイプのアイライナーが好きです。

このラブライナーは筆にコシがあって書きやすいところが好きです。

あと、にじまないのでパンダ目になりにくいです!

マスカラ

この、キャンメイクのマスカラは本当におすすめです!

700円と安いのに、カールキープ力がすごいです!

これはマスカラ下地らしいのですが、ブラックなので、このままマスカラとして使ってます。

以前は、ちゃんとしたマスカラ下地とマスカラを2つ使っていたのですが、面倒だし、コスパも悪いのでこれが一番いいかなと思っています。

リップ

インテグレートのこのリップのシリーズは何本も使った商品です。

ささっと塗れて、潤ってくれるし、発色もよくて、しかも安い!

しかし、べたべたしているので、人によっては好き嫌いが分かれるかも。。。なリップです。

まとめ

今回は女性の医療事務員に向けて、仕事中はどんなメイクがいいのか。

健康的に見えるメイクのポイントと、わたしが実際に仕事のときに使っていたメイク用品の紹介でした。

以上、おもちでした。