医療制度

現役並み所得者とは?所得に応じて医療費の負担割合が変わることも。

こんにちは、おもちです。

みなさんは「現役並み所得者」という言葉はご存知ですか?

ひろくん
ひろくん
現役並み所得者?
おもち
おもち
高齢者医療制度の中で用いられる言葉なんだよ。

高齢者の現役並み所得者とは

平成30年8月より、現役並み所得者の区分が3つになりました。

おもち
おもち
もともとは区分はなかっただんだけど制度が変わったんだ。
現役並み所得者Ⅲ

標準報酬月額83万円以上の方

現役並み所得者Ⅱ

標準報酬月額53万円〜70万円の方

現役並み所得者Ⅰ

標準報酬月額28~50万円の方

ひろくん
ひろくん
標準報酬月額ってなに?
おもち
おもち
保険証を持っている人それぞれの月の収入を参考に決めているみたい。

現役並み所得者は医療費が高くなる?

おもち
おもち
例えば、70歳〜74歳の方は一般的に2割負担なんだけど、現役並み所得者の方は3割負担なんだ。あとは、75歳以上の医療費の負担割合も3割になるよ。
おもち
おもち
高額療養費も医療費が区分ごとで違うよ。

高齢者である程度収入がある方は医療費がかさむので要注意。

ひろくん
ひろくん
この制度は、教えてくれないと知らないよね。
おもち
おもち
確かにそうだね。
現役並み所得者まとめ
  • 平成30年8月より、高齢者の現役並み所得者の区分が3つに分かれた。
  • 現役並み所得者は、高齢受給者証も後期高齢者保険証も3割負担。
  • 高額療養費も上限額が高く設定されているため、所得が多ければ多いほど医療費がかさむことになる。